スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記録としての私の4/26。

2009年04月30日 22:54

25日から日比谷のホテルに泊まりました。都内在住ですが(笑)。
やっぱり自宅から来ると色々大変なので・・・。一緒に瞳子さんを応援してきた友達みんなと一緒に過ごしたかったというのもあります。

25日は前楽を見ました。
瞳子さんを、あすかちゃんを、しい様を、退団するほかのみんなを、
ここで見るのはもう最後だと思ってみてしまうから泣けてくる。Music is myself~の部分が一番心に響いた回でした。(村初日が今まで一番だったんですが。)

雨風の中最後の普通の出待ちをしました。

26日は朝から入り待ち。
退団者の皆さんの入りを見て、みんな綺麗で綺麗で泣く。
この綺麗さというのは何なんだろうね。
覚悟をもって臨む前の姿って、なんて綺麗なんだろう。

瞳子さんは綺麗でかわいくて、いつものとうこさんで、でもいつもと違って
みんなに送られながら入る姿を見てじんわり来ました。

私は千秋楽はお台場の中継にしたので、お台場に移動。
もう泣くことはなかろうと思っていたのに、結構泣いてしまった。これはとうこさんのもらい泣きだ!(笑)
表情をしっかり映してくれるからとにかく色々見えて面白い。
そして普段見ないところがうつったりして、ああここでこんなことしてたのかと19回見たのに気づいたりとか。
袴姿で大階段を下りてきて、そこまで言うなら早く次の活動発表してくれよ!と心底思いました(笑)
まあすぐに発表してくれたんですが(願えば叶うのね)(笑)

カーテンコールは見ずに出てタクシーへ乗車。
昨日とはうってかわった春の夕焼けがあまりにも綺麗で、富士山まで見えて、ああ瞳子さん、いい日に退団するなあとしみじみ思ったり。

出のガード場所は、77期の掛け声とかが見られる場所ではなかったのですが
最後に瞳子さんが本当に真摯なお辞儀をするところがよく見える場所でした。
あんな気持ちのこもったお辞儀を見られて、本当に幸せでした。何も言わなくても気持ちが伝わってくる。
こういう人だったからファンになったなあ。
宝塚時代の瞳子さんのファンになれてよかった。
宝塚時代の最後が見られてよかった。


その後アイーダのことを聞いて結構混乱したんですが(笑)今はそれなりに落ち着きました。
楽しみなのと、うれしいのと、色々あるんですが。
これからも応援して行こうと、ブログをはじめてみました。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。