スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色々更に

2009年05月15日 22:53

更に追記

男性と初共演安蘭けい「期待やら不安やらでいっぱい」


安蘭けいさん 宝塚の代表作で女優デビュー

えーとテレ朝では何か放送あったんでしょうか?
日テレでは流れたの!?未チェックでした・・・甘いな私・・・
芸能情報へのリハビリが必要だ・・・

元宝塚トップスター安蘭けい、宝塚時代の当たり役で女優業始動

私が昨日からしつこく気にしてる部分、ニュアンスが全部違いすぎてわけがわからん(笑)
でも瞳子さん、より「女」を演じなければ!と思って今までアイーダを演じてたのかなー。
大劇場や東京ではそういうことは感じなかったんですけど。と映像しか見てない分際で思うんですが。中日はちょっとぶりぶりしてたけど(笑)
(まあ外見から女子化してましたよね。ネイルとかがんばってたし)
(あ。ピアスあけたみたいですねー)

王家に捧ぐ歌って、映像だけでも、王家に捧ぐ歌のアイーダは本気でラダメスを愛しているように見えた。
ラダメスも同じく。
役者だから客がそう見えるように「演じて」当たり前のことだとは思うんですよ。
でも、相手が本当は女性だから、とか男性だから、とか
そういうことが重要な芝居だったと思えないんですよね。
ラダメスとアイーダだった。それだけのことだった。
だから、あんまり「相手が本物の男性だから」みたいなことを言われると、ちょっと寂しいな、と。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。