スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイーダ番組

2009年09月23日 21:55

関西でやったアイーダの番組を見せてもらうことが出来ました。
ありがとう~!

宝塚を退団して何が一番残念って、やっぱりお稽古風景が見られないこと・・・と思ってましたが
こういう形で見ることが出来てうれしいです。
それにしてもとうこさん可愛いなああああ。

ナレーションの説明に色々突っ込みたくなりました。
アイーダの思いに影響されて、ラダメスが平和を訴える、的ニュアンスがありましたが
うーん・・・

アイーダの信念に影響されて、ラダメスが平和を訴えるようになるのは「王家に捧ぐ歌」だろう。
「アイーダ」はそうじゃないんですよ。アイーダはラダメスを愛している「だけ」なんだけどなー・・・と。
信念に影響されてはいないよね。どっちかというとラダメスが「平和」を訴えたところで、「なんてすばらしい人」と歌ってるのですが、平和を願う気持ちはアイーダから自然と出てきたものではなくて、「ラダメスの意見」なんですよね。それに同調しているというよりもその考えをすばらしいと思っているだけという。

・・・このあたりも大阪で少し変化あるのかなあ。
まあもうすぐ見られるので、楽しみに待ってようと思います。

大人計画「サッちゃんの明日」、燐光群「BUG」

2009年09月23日 21:34

アイーダは結局東京では4回見ました。少ないですが満足してます。
後は大阪でも見ますが、どう変化しているか楽しみ。

この数日、大人計画「サッちゃんの明日」、燐光群「BUG」を見てきました。

どっぷり松尾スズキな世界を久しぶりに見れて、最後は泣いてしまった。こういうのが見られることがうれしくて。久しぶりで。パンフレットを読んだら、今回演出を最近ではないくらいしっかりつけていたらしい。なるほど。ちなみに松尾のことは10年くらい見てますが、椎名林檎も10年以上見てきているので、この二人の対談が掲載されたパンフレットは私にはかなりお宝。(笑)
クドカンの芝居も松尾の芝居も久しぶりだったな~。松尾のエロサイトの歌の後のいやらしい笑顔とか、コッペパンを投げた後とかが忘れられません。面白すぎた。
ああもう一回みたいなあ。
シアタートラムは理想的な舞台だ。凄く小さいけど、あのサイズの演劇をするのにちょうど良い。またあの劇場にも行きたいです。

燐光群「BUG」は、メニエール病で降板した美保純さんの代役の西山水木さんのファンなので見にいきました。
なんかもういろんな意味でしんどい内容でしたが、水木さんの壮絶な女優魂というか、魂で演じている姿を見られて本当によかった。この人、本物の役者だ、と思ったよ。水木さんを見るといつも「役者」とは何か考えさせられる。本当に凄い人だな・・・。この芝居を毎日やるなんて・・・
それにしてもこの短期間になぜか二つも薬物関係の題材な舞台を見にいってしまいましたよ。偶然なんでしょうけど。

水木さん作・演出の作品は12月にあるので、楽しみです。zabadakの吉良さんも出るし、劇団ひまわりで「空色勾玉」をやったとき、照日王を演じてほれた清水理沙ちゃんも出るので三重に楽しみ!
燐光群のファンの方は年配の方が多いのか、普段小劇場や宝塚などとはまた客席が違っていて、へええええ。と思いました。(笑)

週末

2009年09月07日 10:23

週末は星組見て逆裁2見てとうこ茶ーでした。

星組は8月に見たときよりすーーーっごくよくなってる!!面白かったー!
ヅカファンではない、太王四神記ドラマを見ていた友達を連れてったんですが
楽しんでくれてよかった~。
しかしやっぱり宝塚のきらっきらさは他にはないよなあ。あの華やかさ。気持ち良いくらいのきらびやかさ。について延々と話をしてました(笑)

逆転裁判2は、1に比べて説教くさくなりすぎてないかとちょっと思ったり・・・。
1でも思ってはいたんですが新曲が演歌調っぽい感じのメロディなのはなぜなのさ。
とはいってもやはりゲームをやっているので、面白いんですけどねー。
何がってもう藤咲えりちゃん最高ーーー!!(笑)
やーあのスタイルといいキャラといい。しぐさも完璧だし。世の中にコスプレイヤーさんはたくさんいるけれど、アニメや漫画のキャラクターを完璧に再現できるスタイルで、職業としてやれる人たちがいるのは宝塚だけだ。
冥のスタイルとかほんと普通は再現できん。でもタカラジェンヌは出来るんだなー。惚れ惚れしたわー。(笑)ツンデレでしたし。かわいかったっす。
しかしやっぱり検事側のキャラの大振りなしぐさなどは、宝塚を元ネタにしてそうだよな。

七海ひろきさんをはじめてちゃんと見ましたが、タニに目元が似てますね。びっくり。
ともちんの大げさなしぐさも面白かった。でもなんか「フっ」とか「グッ」とかが自然に出てなくて大芝居?な感じがあって、それで笑いが出ちゃうのかなーとも思った・・・。


幕間ではどうしてもやっぱり逆転サーカスの「ゴージャス!」をあかしにやってもらいたい!というネタで星でやるとしたら誰になにをやってもらいたいか語ってました・・・(笑)
別にあかし特出でもいいんだけどなー(アクロ兄弟はどいちゃんとしーらんでアクロバティックなことをしてもらいたい)




とうこちゃは・・・

かわいいんじゃああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!

に尽きる。もうそれだけだ(笑)
とうこさん、なにしてもしぐさがいちいちかわいいんですよ!(力説)
でもこれはとうこファンじゃないとわからないかわいさだよねきっと。

AIDA2回目

2009年08月31日 22:50

またしても書くのが遅くなりましたが31日に見に行ってます。
星組生がたくさんきた!!!

初日とはぜんぜん違う。もうぐいぐい引き込まれます。

やっぱり納得できないところも多いし、
それがメインテーマならここでこの人だしたりこの歌歌わせる意味とかどうなの?とか
思ったりはしてしまうんですが。
でもとうこさんの演技力とか改めて凄いなと思ったわけですよ。

そして毎度毎度しつこいようですが
改めてファンだな私と思わされるわけですよ(笑)
よかったーこの人のファンになってよかったー。と。


舞台って面白いなあ。

AIDA

2009年08月29日 22:04

星組見たあと花組芝居を見にいっていて
すっごく面白かったのでそのことも書きたいと思ってたんですが
気づいたらアイーダ初日。4/26に「あっとい間だよ」と言ってましたが
本当にあっという間でした。

とうこさんファンになってから・・・といってもたいした年月ではありませんが、
こんなに間をあけたのははじめてで、
最初に舞台にアイーダが出てきた瞬間「あ、とうこさんを生で見るの、本当に久しぶりなんだなああああ!」としみじみ。
しみじみ、じわじわとうれしかったですね。
いつも思うんだけど今回も、最初に姿が見えた瞬間に「ああこの人のファンだ」と、実感するんです。




今回のAIDAについてはいろいろと思うところがありました。
アイーダ(とうこさん)「だけ」を見ているだけだったら感動する部分もあるのですが
舞台全体を見ると、やっぱり「王家に捧ぐ歌」という作品が元にあって、見ている側の頭の中にもあるから比べてしまうのは仕方ないですが・・・。
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。