スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星組 太王四神記

2009年08月17日 08:15

宝塚にはまってから東京宝塚劇場に来るのに、こんなに間を空けたのははじめて。

というわけで前星以来の宝塚!(本公演)自分でもびっくりですよ。
星組熱かったーー!

最近ストプレばっかり見てたので、歌とダンスがある華やかな世界を新鮮に見られました。
宝塚やっぱり面白いわ(笑)
あの華やかさはイヤなことも忘れさせてくれる。ちょっと離れて改めて実感。
フィナーレがあるって大きいな。しみじみ。

花の太王四神記とはまた違ってて、星バージョンは星バージョンで面白かったです。
神話時代とチュシンの星についての語りが好きだったので、無いと肩透かし食らう感じでしたが
2幕冒頭に「コムル村の神楽」として出てきたほうが「全部タムドク(ファヌン)のせいじゃん!!」感が薄れて良いですね。花と同じだと「えー前世ではカジンを捨てたのに今度はカジンの生まれ変わりを愛するのか?良いの?」とか思っちゃうんですよね。

あと星組の群集はやっぱり凄い。感情がばーっ!っと客席に向かってくるように声を出してる。ひとりひとりが。「おお!凄い!」って思う。

いつもは10回以上見る星組公演を、今回はあまりたくさんは見られないので
誰がどこで何をしているのかチェックするのに限りがありそうなのが残念。
今まで星組見てきたのに「あれあの人だれ?」というような人もいてなんだかとても気になるのにー。
(プログラム見てもわからんかった・・・)
これからも楽しみだなああ。

ああ玄武ファイターズすげーかっこいい・・(花の時から好きだったけど)
青龍も濃くて良いっすー。楽しいなあああ。

ちえは真ん中で輝いてた。特別ちえファンというわけではなかったけれど
やっぱりトップスターになるというのは違うんだなあと。よかったです。
おめでとう。

星はまた見ます。
他の組もどんどん見たい。
(雪は1回決まってるけど、回数増やしたいのに時間的になかなか難しいんだよなああ。しかしやっぱり1ヶ月公演ってきついなあ・・・)
[ 続きを読む ]

来来来来来 劇団 本谷有希子

2009年08月16日 12:48

劇団 本谷有希子は旗揚げしたときから気になっていてずっと機会があったら見たいと思っていた。
私のことをよく知っている数人の友人が、絶対好みだよと言ってたのもあったので。
しかしそういわれてからもう9年も経ってた。

今回の話は、
話の内容が好きか嫌いかを抜いて、演出や構成はとても好みだなと思った。
舞台装置とか話の作りとか音楽がいい。入り方とかすごくいい。テンポも。

内容は私の好みの話ではなかったので、また他の舞台を見たい。
今回の話は、田舎の閉塞感、
(基本異性愛者の、しかも「男」ありきの)女だけ、という状況の女のえぐさは
私が考えているものとは違うのだなあ、ということかなあ。なんていうか根の深さをあまり感じられなかったんだな。
私はそういうのを、もっともっとどろっどろしててえぐいものだと思っている。

でも多分20歳くらいの時にこの舞台を見ていたらまた全然違って感じただろう。10代から20代頭くらいの子はとっつきやすいと思う。
(多分あの高校生の子にも共感できると思うし・・・。私多分10代にこれ見てたらあの子に共感できてたんじゃないだろうか。しかしあのくらいの子が「好きなのか嫌いなのかもうわからない」という言葉を口に出せてしまうあたりに違和感があったかも)



今回の話は、女性6人しか出てこない舞台なんですが、
一場面だけ男の人が出てきた。
最初、その場面に出ていない人なのかと思ったけど、別の場面で明らかに男の人だったとわかるところがあって、こういうふうに出すなら男性のキャストを使えばいいのになとも思ってしまった。
こういう手法もあるんだろうけど。こういうところで男を出してしまうとまた別な話になってしまうか。

役者さんはりょうが凄く綺麗だった~。かなり前のほうで見てたんですが、ほんと顔小さいし綺麗だなあああとしみじみ思ってみてましたよ。

大人計画と比べられることが多いらしいんですが
大きくひとくくりにしてしまうと近いのだろう。でも全然違うと思うよ。

本谷さんの「あの子の考えることは変」という本はとても気になってるので読みたいな。




毛皮族のチラシが入ってた!
10月の公演ですね。楽しみだ。

気づいたら8月半ばに差し掛かっておりました。

2009年08月10日 16:09

婦人公論はチェックしたけど、初日に体調悪くて写真展に行けず
(写真集の写真は見せてもらった~ありがとうございます・私信)
アイーダ出演者ブログやら何やらのチェックも全く出来ておらず。色々乗り遅れ気味。
うかうかしてたら写真展終わってしまいそうなので、ちゃんと時間つくって行かないと(汗)


でもほんと、もうすぐアイーダなんですよね。
実感が沸かない・・・。



・・・なんて、日記書いてる間にきりやんトップの内定出ましたね。
発表うれしいなあ。
楽しみだなあ。
[ 続きを読む ]

トリノ エジプト展

2009年07月29日 00:39

トリノ エジプト展が8/1~10/4まで東京都美術館で開催されるようです。

タイミング良いなあ(笑)
9月から梅芸も四季もオペラのほうもアイーダやるし。
エジプト気分を盛り上げるために行ったら、あんまりエジプトに興味なくても楽しいかも。
しかし個人的には公演はじまってしまうと行けなくなりそうなので
行くなら公演前だな・・・

ツタンカーメン像(あの有名な棺ではなくて像)が来るみたいですが
ツタンカーメンの妻の父がアトン神を信仰してたんですよね
でもそれまでのアメン神信仰から宗教改革しようとして失敗してしまった。
だからアトン信仰してるのってアクエンアトン王以外にいないと思うんですけど、
王家に捧ぐ歌の中でファラオが「アトンよ~」と歌われてる部分、なんか変更あるのかなあ。
(このあたり含めてめちゃくちゃな公証に関しては2003年の感想探したら(ヅカファン以外の)突っ込まれてました(笑))



ついでに伊勢に行きたいんだけどなかなかタイミング的にいけてないので
伊勢神宮と神々の美術展にも行きたいんですけどね~。

週刊現代

2009年07月28日 00:29

見ました~。
やー、露出してますね。体は(笑)
腕の筋とかじっと見てしまった。
谷間はこれはいったいどうなっているのか(谷間?影?)

しかし、篠山さんの撮るとうこさん、だよなー表情が~。
グラフの表紙とあんまり変わんないっすね(顔がね)
そのあたりがちょっとつまらないかも。

でも宝塚在団中には出来なかったいろいろな仕事が出来るようになって
これからどんな仕事をするのかわかりませんけど
楽しみにしようと思います~。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。